親子

注目を集める子どものプログラミングスクール

プログラミング

タイトルを読んで「プログラミングスクール?」「えっ、それも子ども向け?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。ところが、これが最近注目を集めているのです。プログラミング言語を用いてコンピューターのプログラムを作成するのがプログラミングですが、一般の大人にも難しそうなことを子どもがスクールで学ぶ意味はどこにあるのでしょうか?

まずはじめに言えることは、成長過程の途中から、あるいは大人になってから世の中のIT化の波をかぶった大人たちにとっては「難しそう」なことでも、現代の子どもたちにとっては「日常」であり、ひいては「遊び」にもなり得るのが、このプログラミングであるということです。

子どもたちにとってはスクールでゲーム感覚で学べながら、確実にコンピューター関連の知識や技術も身につくとあって、先取りしたい保護者たちにも受けがよいようです。文科省でもすでに外国のプログラミング教育について調査・研究を進め、わが国でも取り入れようと方向を定めつつあるようですよ。

プログラミングをスクールで子どものうちから学ぶことによって、論理的な思考力や創造性、批判的な思考力などを高めることができると考えられています。ゲームの好きな子どもには、ゲームで遊ぶ人よりもゲームをつくる人になる方がカッコイイよと、すすめてあげるのもいいかもしれませんね。

ニュース

2017/01/23
注目を集める子どものプログラミングスクールを更新しました。
2017/01/23
ダンススクールへ通う子どもが増えていますを更新しました。
2017/01/23
今と昔で変わった子どもの習い事を更新しました。
2017/01/23
子どもの習い事の平均的な数と費用を更新しました。

記事一覧へ