親子

子どもの習い事の平均的な数と費用

黒板と机とノート

子どもを持つ親なら、誰でも可愛い我が子に合ったスクールに通わせて好きな習い事をさせてやりたい、才能を伸ばしてやりたいと考えるものではないでしょうか。でも、何をするにも先立つものはお金。というわけで、他の皆さんはどうしているのか?各種スクールに子どもを通わせる平均的な数と費用について調べてみました。

少し古くて2014年の調査ですが、それによるとまず通っているスクールの数は平均約1.8、スクールへの毎月の月謝は1万5446円となっています。小学生の9割は、何かしら1つは習い事をしているという調査結果もありますし、中には3つから5つの習い事をかけもちしている子どもも見受けられますから、1つか2つのスクールへ通っている子どもが一番多いと思われます。

スクールへ支払う金額については、習い事の種類によってかなり幅があります。そろばんや習字といった比較的安いものもありますが、サッカースクールやミュージックスクールなどではプロを目指すコースなど、コースによっても金額が変わってきます。
英会話スクールや学習塾などもスクールによって月謝の金額には結構幅があるようですが、大切な子どもの将来への投資とも考えるからこそ、保護者はせっせとやりくりして費用を捻出するのでしょう。大切なことは家計全体の中でのバランスと、子どもの精神的・体力的キャパシティーを超えないように、「やらせ過ぎない」ように気をつけてあげることですね。
ともあれ、子どもが嬉しそうにスクールに通う姿を見ることは、保護者にとっても喜びですよね。

ニュース

2017/01/23
注目を集める子どものプログラミングスクールを更新しました。
2017/01/23
ダンススクールへ通う子どもが増えていますを更新しました。
2017/01/23
今と昔で変わった子どもの習い事を更新しました。
2017/01/23
子どもの習い事の平均的な数と費用を更新しました。

記事一覧へ